2021年2月14日日曜日

JELADO 301XX、WAREHOUSE DEAD STOCK BLUE 1000XXをヴィンテージと比較してみる (その3 JELADO 301XX)

  前回は、2020年秋に発売されたジェラード 301XXをシルエットと生地の2点から見ていきました。その投稿の前から穿き込んで来ましたが、約3ヶ月ほどが経過しましたので、現状をご紹介していきたいと思います。サイズがやや大きかったため、ノリ落としのためのファーストウォッシュ後、自宅のガス乾燥機で乾かしています。また、この写真を撮る前にセカンドウォッシュをしています。洗剤は、2回の洗濯ともBEYONDDEXXを用いました。


 まずは、全体の写真から。

全体

うっすらと見えるヒゲ

同じくうっすらと見えるハチノス

 ほぼ毎日履いていましたが、所詮3ヶ月しか経過していないため、あまり目立った色落ちはしておらず、ヒザ頭の部分がほんの少し色落ちして、うっすらとヒゲとハチノスが付いている程度です。最初の2ヶ月まではほとんどヒゲ・ハチノスは見えませんでしたが、その後、急激にアタリが目立ち始めました。おそらく色落ちが激しくなるちょうど前ぐらいの頃合いかと思います。

 色落ちの度合いや違うのですが、ジェラード301XXの生地とデッドストックから穿き込んだギャラ入り紙パッチの生地、ユースドで購入したギャラなし紙パッチの生地を比較した写真です。

ジェラード301XXの生地の拡大写真


ギャラ入り紙パッチ期の生地の拡大写真

ギャラなし紙パッチ期の生地の拡大写真

 ジェラード301XXは色落ちが十分でないため確たることは言えないのですが、今の状態では点落ち・粒落ちよりも、縦落ちが目立つように窺えます。
 発色については、写真ではうまく表せなかったのですが、実物はかなり赤みの強くなっています。これは、糊を落とす前から見られましたが、色落ちしてよりその傾向が強くなったように感じられます。
 前回のブログでは、生地の色について
ギャラ無しのXXやBIG Eに見られるよなう色合いに近いと思われ、むしろレプリカらしさに乏しいかな?という印象を受けました。
と述べましたが、現段階では、生地の色合いだけでなく色落ちの様子についても、ジェラード301XXがターゲットにした年代(1950年代はじめから半ばまで)よりも新しい1960年代の生地に近いように感じられます。また、他のレプリカブランドのものに比べると、スラブ感が誇張されておらず、地味に映ってしまいます。レプリカジーンズのファンには、強いスラブ感を求める人が多いと思いますが、そういう方には物足りなく感じられるでしょう。
 前回のブログでも述べましたが、特筆すべきは生地の質感で、柔らかくしなやかな風合いでありながらもコシがあり、穿き進めていくにつれてヴィンテージに近いという印象がますます強くなりました。この点は、他のレプリカブランドではなかなか見られない特徴であり、セールスポイントかと思います。
 ちなみに、ファーストウォッシュ+乾燥機+セカンドウォッシュでの縮みによるサイズ変化は、次のとおりとなりました(ウエストは表記28インチ)。
 
        縮み前   縮み後
ウエスト    76cm   69cm
ヒップ     101cm   99cm
前股上    32.5cm   31cm
後股上      42.5cm  39.5cm
ワタリ     29cm   27cm
股下      90cm  82.5cm
総丈     122.5cm  112.5cm

 これからももう少し色落ちをさせて生地の真価を見ていきたいところです。だいぶアタリが出てきました。3か月といえども洗わずに穿き続けるというのは、衛生面の問題もさることながら苦行でもあるので、これからは洗濯の頻度を上げてきれいめに穿いていこうかと思います。
 とはいえ、プログでは、ウエアハウスの1000XXも取り上げていますので、その穿き込みもしなければならないのですが、しばらくは、同時並行で色落ちの具合を見ていきたいと思います。

2020年11月14日土曜日

JELADO 301XX、WAREHOUSE DEAD STOCK BLUE 1000XXをヴィンテージと比較してみる (その2 JELADO 301XX)

  前回は、最近発売されたヴィンテージ再現系のレプリカジーンズをジェラード 301XXとウエアハウス 1000XX(dead stock blue)について、ヴィンテージリーバイスとの比較という観点から、概観しましたが、今回は、ジェラード 301XXについて、シルエットと生地の2点をもう少し深く見ていきたいと思います。ちなみにディテールについては、ホームページ(ジェラード 301XX)で取り上げていますので、そちらをご覧いただければと思います。

1 生地の比較

 生地の比較は、1953~4年頃の製造と思われるレザーパッチのリーバイス 504ZXXと、1955年頃の製造と思われるリーバイスLEVI'S 504ZXXとを比較対象として見ていきます。Jジェラード 301XXとヴィンテージの2本はいずれも糊を落としていない状態です。なお、色味、色落ち、質感といった要素は、ある程度履き込んでからでないときちんと判断できないことを承知の上での検証です。


 JELADO 301XXとヴィンテージリーバイス2本を並べてみた写真です。写真で見ても分かるとおり、ヴィンテージリーバイス2本の間でも色の差があって、レザーパッチの方が色が深くて青みが強く、紙パッチの方はより色が乾いた感じになっています。

 色味については、JELADO 301XXは、比較したヴィンテージリーバイスと比べると赤みが強いという点で異なっています。しかし、ヴィンテージ感に乏しいという訳ではなく、ほんの少し穿き込んだギャラ無しのXXやBIG Eに見られるよなう色合いに近いと思われ、むしろレプリカらしさに乏しいかな?という印象を受けました。
 また、色の深みは、あまり強くは感じません。ただ、レプリカの中には、いたずらに色を濃くした結果、履き込んだ後の色合いにも影響して、いかにもレプリカの色になってしまうものもままあります。JELADO 301XXについては、そういった心配は要らないかもしれません。

 スラブ感については、極端なザラつきではなく、実際のヴィンテージのスラブ感に近いといってよいと思います。ただ、この点は、見た目は淡白に映るので、多くのレプリカのファンには物足く感じられるように思います。ネップは、生地表面からも裏面からも散見されますが、ネップ感を強調するということもありません。

 生地の質感については、スラブ感があまり強くないことに窺われるように、織りを甘くしたような様子はありません。また、公式の情報では、JELADO 301XXでは経糸に超長綿を使用しているとのことですが、これは生地の触感・しなやかさに現れており、糊付きの状態でも固い印象は受けません。質感については、ヴィンテージに非常に近い印象を受け、感心しました。生地の質感は、実際のヴィンテージ感を出すために重要だと思いますが、糊を落として穿き込んでどうなるのか楽しみです。

2 シルエットの比較

 次に、JELADO 301XXのシルエットをヴィンテージリーバイスと比較してみます。

左がレザーパッチのリーバイス504ZXX、右がジェラード 301XX

上がリーバイス504ZXX、下がジェラード301XX

【腿の部分】上がリーバイス504ZXX、下がジェラード301XX

【裾の部分】上がリーバイス504ZXX、下がジェラード301XX

 リーバイス504ZXXは股の部分からカーブを描いて細くなり、その後裾に向かって真っ直ぐに落ちていくのですが、ジェラード301XXは股の部分からもも裾に向かって緩やかにテーパードしていき、裾幅はほぼ同じになっており、独特なシルエットになっています。ももの部分が太く感じられるようになっているのが特徴的です。


 また、股上の深さもヴィンテージリーバイスとはかなり異なっています。上の写真は、後ろのシームで合わせて両者を対称的に並べた写真ですが、ウエストベルト1本分、ジェラード301XXが股上が深くなっています。実際に穿いてみると、リーバイス501よりも701に近いという印象を受けます。かなり大きな差になるので、好みが分かれるところであると思います。


 最後に、シルエットそのものではないのですが、バックポケットの付き方もかなり違います。上の写真左のリーバイス504ZXXはバックポケットはバックヨークにほぼ平行に付いているのですが、写真右のジェラード301XXはバックポケットとバックヨークとの間にかなり角度があります。これは、なぜか左ポケットのみで、右ポケットはさほど角度が付いていません。また、ポケット自体も右上がやや尖ったような形になっています。

3 まとめ

 実は、このブログを書いている今、ジェラード301XXを穿いてから約2週間程度経過したところですので、その感想も踏まえてまとめていきたいと思います。
 まず、生地については、レプリカジーンズを好む人にはスラブ感などで物足りないと受け取られるかもしれません。しかし、ヴィンテージを再現したという触れ込みのとおりのもので、スラブ感、色、生地の柔らかさ、ハリ、コシなど、いずれも好印象です。肌に触れたときの着心地は、ビンテージのそれにとても近く感じられます。
 次に、シルエットについては、リーバイス501を再現したジーンズを穿いているという感じは乏しいです。1950年代のファッションを意識しているものだと思いますが、股上が深い点や、一般的なストレートジーンズではなくチノパンのように裾に向かって緩やかにテーパードするシルエットなど、好みが分かれるように思います。
 ヴィンテージデニムが好きな私からしても、もう少し穿いていき、生地がどういった表情を見せてくれるのか楽しみになっています。より色落ちが進んだときには、改めてブログにまとめたいと思います。

2020年10月31日土曜日

JELADO 301XX、WAREHOUSE DEAD STOCK BLUE 1000XXをヴィンテージと比較してみる (その1)

1 はじめに 



 2020年の秋に入って、ジェラードから新開発の生地"LAST RESORT"を使用した301XXが、ウエアハウスから新開発の生地"DEAD STOCK BLUE"を使用した1000XXが発売されました。

 ジェラード"LAST RESORT"は、デッドストックのリーバイスXXをの生地を分析してその結果を忠実に再現すべく製作されたとされています(ただし、メーカー公式のYOU TUBE動画では染めに関してはアレンジされていると説明されています。)。また、ウエアハウスは、元々ヴィンテージの再現をブランドコンセプトにしていますが、"DEAD STOCK BLUE"は、デッドストック状態での経年による酸化を再現すべく新たに開発した生地と説明されています。
 私自身は、これまで「ヴィンテージの再現」を謳って発売された日本のレプリカジーンズをいくつか購入して試したことがあるのですが、色落ちの印象はヴィンテージデニムに近いものが多いと思う反面、(1)色味と色の深さ、(2)スラブ感、(3)生地の質感、触感、着心地といった点で、ヴィンテージとは異なる方向性を持って作られているという印象を受けており、これらのレプリカはヴィンテージとは似て非なるものと捉えてきていました。また、そもそも日本のデニムが独自の評価を固めている中で、ヴィンテージを目指すことに意味があるのか?とも考えています。
 しかし、ここに来て上記のようなヴィンテージ志向の新商品が出たこともあり、また、新型コロナウイルスの流行で衣類の洗濯をまめにしなければならない中でヴィンテージデニムを気軽に着られないということもあり、久しぶりにヴィンテージ志向のレプリカデニムを試してみようかという気分になってきました。

 今回のブログでは、ジェラード301XXとウエアハウスの新1000XXをオリジナルヴィンテージと比較し、ヴィンテージの再現という点で日本のデニムがどこまで進化しているのか、私なりに見ていきたいと思います。

 今回の比較対象には、レザーパッチのリーバイス504ZXXとギャラ入り紙パッチのリーバイス504ZXXを用いました。前者は1953~54年辺り、後者は1955年ころの製造でないかと思われます。ジェラード301XXはおそらくこの辺りの時期をターゲットにしたものである一方、ウエアハウス1000XXはいわゆる1946年モデルをターゲットにしているのですが、残念ながら同時期のリーバイスのデッドストックは所有していないので、やむを得ないところです。ただし、色の濃い状態のでほぼ同時期の503BXXは所有しているので、ウエアハウス1000XXの糊を落としたときには、改めて比較してみようかと思います。

2 概観


 ヴィンテージ2本、レプリカ2本を並べてみた写真、表記サイズは、リーバイス504ZXXがいずれもW27・L34、ジェラード301XXがW28(レングス表記なし)、ウエアハウス1000XXがW28・L32です。



 次は、生地を比較した写真になります。今回はおまけとして、ヴィンテージ再現系のレプリカとしては定評のあるフリーホイーラーズ601XX(1947年モデル)の旧生地・新生地も並べています。いずれもまだ糊の付いた状態のものです。

 写真だとどうしても細かいニュアンスが出ないのですが、色味に関しては、ジェラード301XX、ウエアハウス1000XXのいずれもヴィンテージリーバイスに近い色合いが出せており、特にウエアハウス1000XXは、デッドストックの色味を再現に力を注いだのか、かなり近い色合いと言えます。あえて言えば、(1)ヴィンテージリーバイスと比べてジェラード301XXはやや赤みが強く、ウエアハウス1000XXもジェラード301XXほどではないが若干赤みが強い、(2)ヴィンテージリーバイスは少し乾いたような色合いであるがレプリカの2本はそれとは異なる、といった違いは挙げられます。しかし、個体差レベルと言ってもよいほどの差です。

 他方、写真では分からないことですが、生地の質感については、ウエアハウス1000XXは、ヴィンテージリーバイスと明らかに異なっていて、いかにもレプリカの生地だなという印象を強く受けました。一方で、ジェラード301XXの生地の質感は、ヴィンテージリーバイスと比べても、あまり違いを感じませんでした。

 ざっと見ていくと以上のとおりなのですが、次回から、ジェラード301XXとウエアハウス1000XXのそれぞれについて、もう少し深く比較していきたいと思います。

2020年7月17日金曜日

501XX大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われているのか?(その3)

 前回、とはいってももはや2年近く前の記事ですが、ユースドの大戦モデルとその先後のモデルについて、重さと生地の厚さを測って、巷でよく言われている「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使用されている」という説を検証しました。
 結果としては、大戦デニムとその前後のモデルとの間に重さ、厚さに大きな差は見られず、「大戦モデル=ヘビーオンス」という説には疑問が残るという結論に至りました。
  ただ、前回の検証は、いずれも相当色落ちが進んだ個体で比較をしたため、それぞれの摩耗度が大きく異なることもあり得ましたので、大きな自信が持てるというものではなかったのは事実です。
 幸いなことに、前回の検証の後、かなり色の残った状態で大戦モデルやその先後のモデルを入手することができました。今回は、より新品に近い状態の個体を比較して、「大戦モデル=ヘビーオンス」という説を改めて検証をしてみようと思います。

1 検証するジーンズのサイズと状態

 まず、今回の検証で比較するジーンズのサイズと状態を確認しておきたいと思います。今回の検証で用いるのは、
(3)503BXX 片面タブモデル(初期型)
(4)503BXX 片面タブモデルの4本です。
 このうち、(3)と(4)は、私のホームページではまだ紹介していませんが、(3)はフロントボタンを縫い付けた生地の下端が切りっぱなしになっており、片面タブの初期型で、その中でもかなり初期のものと思われます。(4)はイエローステッチとオレンジステッチが混在しており、かつ、サイドステッチが長いことから、片面モデルの中期と思われるものです。

左から、(2)大戦モデル、(1)1937年モデル、(3)片面タブ(初期型)、(4)片面タブ(中期型)

下から、(2)大戦モデル、(1)1937年モデル、(3)片面タブ(初期型)、(4)片面タブ(中期型)

 次にそれぞれのサイズを表にまとめてみました。
モデルウエストレングス
(1)503XXB 1937年モデル70cm66cm
(2)S503XXB 大戦モデル72cm77cm
(3)503BXX 片面タブモデル(初期型) ※リペアあり67cm78cm
(4)503BXX 片面タブモデル(中期型) 67cm75.5cm
 大きさを見ると、ウエスト・レングスの両方で大戦モデルが大きくなっており、これと比較すると、1937年モデルや2本の片面タブモデルは、ウエスト・レングスのいずれかで大戦モデルに比べて小さくなっています。
 なお、比較に際しては、4本のうち(3)には穴を塞ぐリベアが多く入っていることを留意する必要があります。

2 重さの計測

 「501XX大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われているのか?(その1)」でも述べていますが、大戦モデルの前後ではリーバイスは501XXに10オンスの生地を用いられており、他方で、「大戦モデル=ヘビーオンス」という説では大戦モデルには約20%重い12オンスの生地が使われていたと言われます。これが本当であれば、同サイズのジーンズで比較すれば、大戦モデルは約20%重く、厚いということになるはずです。

 それでは、それぞれの重さを測っていきましょう。

 まずは、大戦モデル。
643グラムでした。

 次に1937年モデル。
これは618グラム。

 最後に片面タブを2本続けて。
(3)の初期型は636グラム。

(4)の中期型は646グラム。

 まとめると次のとおり。大戦モデルを100としたときの他のモデルの比率も記しておきます。
 モデル 重量 比率
 (1)503XXB 1937年モデル 618g 96.1
 (2)S503XXB 大戦モデル 643g 100
 (3)503BXX 片面タブモデル(初期型) 636g 98.9
 (4)503BXX 片面タブモデル(中期型)  646g 100

 レングスが短い1937モデルがやや軽くなっていますが、それ以外はほとんど差がないと言ってよいでしょう。個体差や摩耗度の違いがあること考慮したとしても、到底、新品の状態で20%の重量の差があったとは考えられません。むしろこの結果からは、大戦モデルとその先後のモデルでは、生地の重さ(すなわちオンス数)には差がないと考えた方が自然です。そもそも、一番サイズが大きい大戦モデルが最も重くならなければならないはずですが、そうした結果にはなりませんでした。

2 厚さの計測

 大戦モデルの生地は肉厚だと言われることが多いので、今度は厚さを調べてみることにします。
 厚さの計測は、前回の「501XX大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われているのか?(その2)」でも用いたデジタルノギスを用いています。計測方法も前回と同様にウエストベルトの5ヶ所を計測し、その平均値を取ることにしました。
 計測結果は、次のとおりとなりました。
 モデル 厚さ
 (1)503XXB 1937年モデル1.08mm
 (2)S503XXB 大戦モデル1.04mm
 (3)503BXX 片面タブモデル(初期型)1.09mm
 (4)503BXX 片面タブモデル(中期型) 1.17mm
 
 結果を見ると、大戦モデルとそれ以外で有意な差があるとは考えられません。むしろ、計測の結果は大戦モデルが一番薄かったのですが、これは計測箇所や計測時の力の入れ方でばらつきが出てしまうことの誤差の範囲と考えていただければと思います。

3 検証のまとめ

  このように重さと厚さについて、より新品に近い状態のもので検証してみましたが、結果的には、前回の検証と同様に、大戦モデルとその先後のモデルでは重さ(=オンス数)も厚さも有意な差は見られませんでした。今回は、相当に色が濃く残っているジーンズで検証ができましたので、結論として、大戦モデルにヘビーオンスの生地が用いられているわけではないと自信を持って言ってもよいのではないかと思われます。


 以上で検証は終わりなのですが、最後に、なぜ「大戦モデル=ヘビーオンス」と言われ続けたのか考えてみたいと思います。

 まず、「大戦モデル=ヘビーオンス」と言われるようになった端緒について、青田充弘氏著「501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー」(立東舎)では、エドクレイ著「リーバイス ー ブルージーンズの伝説」(草思社)の中の記述にあるのではないかと指摘されています。少し長いですが、その記述を箇所を引用しておきます。なお、青田氏の著書では「大戦モデル=ヘビーオンス」という説に疑問が呈されています。

「一つだけ会社が応じなかった変更があった。それはデニムの重量の引き下げだった。ニューヨーク買付け事務所の所長をしていたオスカー・グローブルは、逆にもっと重いデニムを認めてくれるようワシントンに陳情に行った。生地の重量を引下げることは、綿の節約になるように見えながら、ダブルXズボンの強さを低下させ、そして結局は、基幹産業の労働者達によって、すぐに穿きつぶされてしまうだろう。グローブルの説得は功を奏した。デニムの重さは、十三・五オンスにまで増大した。」(P93)

 また、日本のビンテージブームに大きな影響を与えた「BOON VINTAGE Volume.1 リーバイスの歴史が変わる」(祥伝社)でも、この記述が以下のように引き継がれています。

「その一方で政府との確執もあった。簡素化の一環としてデニムのオンスの引き下げを戦時生産局は突き付けたが。これに対しリーバイスは断固拒否。オンスダウンは耐久性を損なうとして、逆にデニムの重さを13.5オンスまで引き上げさせた。結果、より頑丈さを増した501は、さらに皆の求める商品へと進化していった。」(P48)

 こうした記述が原因で「大戦モデル=ヘビーオンス」という説が言われるようになったことは間違いないでしょう。そして、その後も、この説が特に検証されることなく、今日まで言われ続けてしまうこととなります。
 今回の4本のデニムは片面タブ以前の生地ですので、その後のものに比べて柔らかく感じられます。ただ、大戦モデル以外は柔らかい中にも生地のハリが強く感じられるのに対し、大戦モデルは若干ハリが弱く、表面の感触もフンワリしたものになっています。例えば、糸の撚りが大戦モデルではより甘くなっているといる可能性はあります。こうした質感、特に手触りの違いが人によっては生地が厚いと感じる一因になっている可能性はあるのかと思います。
 また、邪推かもしれませんか、「大戦モデル=ヘビーオンス」としておく方が、古着業界やレプリカ業界にとって都合がよかったということは言えるのではないかと思います。ちなみに、本家とも言うべきLVCは、大戦モデルの生地について、黒っぽい色味にするなどの特徴は再現していますが、ヘビーオンスにはしていません。当のリーバイスが著名なエドクレイの著書の記述に従っていないというのは、興味深いところです。

 以上、3回にわたって「大戦モデル=ヘビーオンス」説の検証を進めてきましたが、今回の検証によっても否定的な結果が得られました。疑問が解消されスッキリした反面、未だに「大戦モデル=ヘビーオンス」と言われ続けている現状を考えると複雑な気持ちにさせる結果でしたが、それでも自分の中での大戦モデルの魅力や価値が下がったというわけでは決してありません。
 ヴィンテージリーバイスのディテールについては、リーバイスにある資料などが掘り尽くされ、かなりの部分が調べ上げられています。しかし、生地については、リーバイス社ではなくコーンミルズ社について調査されないと分からない点がほとんどで、資料が乏しいといった理由から未だに解明されていない点が多いように思われます。現状でも、宣伝や雑誌記事などに見られる情報には眉唾のものも多々あるのは事実です。
 デニムについてもインターネットなどを通じて様々な情報が得られるようになっていますが、それらの情報を鵜呑みにすることなく、実際に自分で実物と向き合っていくことが重要なのだ、今回の検証はそんなことを改めて考えさせるものになりました。

2018年10月20日土曜日

501XX大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われているのか?(その2)

 前回は、「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という説について、生地の重さの観点から検証したところ、実際には、この説が疑わしいと思えるような結果が出てしまいました。
 そこで、今回は、生地の厚さから検証を行っていきたいと思います。生地のオンスは、1平方ヤード辺りの"重さ"ですので必ずしも厚さに比例するものでないことは前置きしておきます。

3 厚さの計測

生地の厚さといっても、実際にはごく薄いものですので、普通に定規で測れるものではありません。そこで、今回は「デジタルノギス」なるものを使って計測していきます。これを用いると、薄いものでも0.01mm単位まで計測することができるため、薄い生地の厚さも測ることができます。

デジタルノギス
普通のノギスと同じように先端で挟んで計測します。


 計測は、ウエストベルトの5ヶ所(左右前、左右横、真後ろ)を計測し、その平均値をとることにします。ウエストベルトの端は、生地が二つ折りになっているので、実際の生地の厚さは計測値の半分ということになります。なお、ウエストベルトの上端にはステッチがかけられていますが、厚さを測る際には、ステッチ分の厚さまで余分に計測されてしまうのでステッチを避けて縫い穴の上を計測するようにしました。逆に、生地が荒れている部分は、生地が本来の厚さから相当程度摩耗して薄くなってしまっているため計測箇所から外すようにしました。
 また、力の入れ具合で計測値がかなり変わってしまうため、一番低い(=薄い)数字が出るまでできるだけ力を入れて計測することにしました。計測値は、指で生地をギュッとつまんだ状態の値と考えていただければよいかと思います。
 その他、ノギスと生地との角度によってかなり計測値が変わるため、ノギスと生地が垂直に交わるよう心がけて計測しました。
 計測に用いたのは、重さの計測のときと同じく(1)1922年モデル(後期型)(2)1937年モデル(3)大戦モデル(1本目)(4) 大戦モデル(2本目)(5)片面ダブモデル(初期型)(6)片面タブモデル(後期型)(7)ギャラ無紙パッチモデルの7本のボトムズに加え、(8)506XX(1937年1stモデル)(9)506XX(大戦期1stモデル)(10)506XX(1947年1stモデル)(11)507XX(2ndモデル)の4着のジャケットも加えています。ジャケットもウエストベルト部分をジーンズと同様に計測しました。
 全部で11着のボトムズ、ジャケットを計測した結果は、以下のとおりです(単位はmm)。なお、前述のように二つ折りの部分を計測したため、実際の生地の厚さは理論上はこの半分ということになります。

モデル厚さ
(平均値)
左前左横真後ろ右横右前
(1)503BXX 1922年モデル後期型1.0060.9811.070.981
(2)503BXX 1937年モデル1.0721.121.051.081.071.04
(3)S501XX(S503BXX?) 大戦モデル(その1)1.0761.120.991.111.11.06
(4)S501XX(S503BXX?) 大戦モデル(その2)1.0941.121.031.111.081.13
(5)503BXX 片面タブモデル(初期型)1.0841.091.091.081.061.1
(6)503BXX 片面タブモデル(後期型)1.111.121.071.131.131.1
(7)504ZXX(ギャラ無紙パッチ)1.091.091.081.091.111.08







(8)506XX(1937年モデル)1.0841.071.031.11.081.14
(9)S506XX(大戦モデル)1.0521.061.031.041.071.06
(10)506XX(1947年モデル)1.0981.111.121.091.071.1
(11)507XX1.1321.081.161.121.141.16

-->  結果としては、(3)の大戦モデルが1.076mm、(4)の大戦モデルが1.094mm、(9)の大戦モデルが1.052mmですが、その前後の時代のものでも、1.006~1.132mmの範囲内に収まっています。「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という説では、大戦モデルには12オンスの生地(大戦期以外は10オンス)が用いられているとされることが多いので、この場合、生地の厚さも20%前後の差が出てもおかしくないと思いますが、実際には、(4)の大戦期とその前の(2)1937年モデルでも2%程度の差しか出ていませんし、ジャケットに至っては大戦期の生地が最も薄いという結果が出ています。生地の摩耗の度合はそれぞれ異なり、また、そもそも100分の1ミリ単位での計測ですので、計測誤差は相当に出ることは前提とする必要がありますが、「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という説を立証するような結果は、厚さを測っても出てきませんでした。上記の結果を見るに、計測誤差、元々の生地の厚さの微妙な個体差、生地の状態の差といった差が数字に出てきただけのようにも思われます。

4 まとめ

2回にわたって大戦モデルの生地を重さ・厚さという観点から検証して見ましたが、「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という結論からは遠い結果が出てしまったように思います。ただし、この検証も私の手持ちのジーンズ2本とジャケット1着で行っただけのものであることは留意していただきたいと思います。
 個人的には、この説に疑念を抱いていたので、ひと通り検証をしてみてスッキリした気分です。そもそもヘビーオンスであれば良いというものではないですし、大戦モデルの魅力は黒みがかかった色味や、味のある(=雑な)縫製、無骨なディテールなどにあると思いますので、この結果にガッカリすることなく、これからも大事に穿いていきたいと思います。

2018年10月13日土曜日

501XX大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われているのか?(その1)

 ヴィンテージの501XXの中でも、第2次世界大戦中に生産された「大戦モデル」は、大変人気が高いものになっています。
 第2次世界大戦中、ジーンズに使われる部材も物資節約のため削減が求められ、リーバイスは、コインポケットのリベットやクロッチリベット(股リベット)の省略、シンチバックの廃止などに応じました。しかし、その一方で、これらの物資の削減と引換えに製品の丈夫さを担保するため、リーバイスはよりヘビーオンスの生地に変更したという説が言われることがあります。
 私もこの説は以前から知っていたので、初めて大戦モデルを手にしたときは、なんとなく厚手の生地が用いられているような感覚を持っていたのですが、時が経つにつれ「あまり変わらないな」という印象が強くなってきました。
 そんなところに、2018年3月に発行された青田充弘氏の「501XXは誰が作ったのか? 語られなかったリーバイス・ヒストリー」(立東舎)でも同様の疑念が呈されているのを見ました。これを読んで「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という説に対する私の中の疑問は深まっていました。

 そこで、今回は、2回に分けて、「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という説について、生地の(1)重さと(2)厚さの点から、実際に検証をしていきたいと思います。

 大戦モデルの前後では、リーバイスは501XXに10オンス(縮率10%として縮み後で約11.2オンス)の生地を用いており、このことは、当時のギャランティーチケットや販促用のカタログの記述から疑いのないものになっています。他方で、「大戦モデルにはヘビーオンスの生地が使われている」という説では、大戦モデルでは12オンス(縮率10%として縮み後で13.5オンス)の生地が使われていたといわれることが多いようです。これが本当だとすれば、ジーンズも約20%重く、そして厚いという有意な差が出てくることになるはずです。
 私の持っているジーンズのサイズに差がありますので正確な比較ができるわけではありませんが、生地の重さで20%の違いがあるとすれば、サイズの違いがあったとしても、相当な重量差が出てくるはずです。

 1 検証するジーンズのサイズと状態

今回検証対象にするのは、501XX、503BXX、504ZXXの(1)1922年モデル(後期型)(2)1937年モデル(3)大戦モデル(1本目)(4) 大戦モデル(2本目)(5)片面ダブモデル(初期型)(6)片面タブモデル(後期型)(7)ギャラ無紙パッチモデルの7本になります。大戦モデルはデッドストックの物を持っていないため、比較対象はすべてユースドのものにしています。デッドストックにすれば、計測対象となるジーンズの状態がすべて同じという点は良いのですが、糊の量によって重さ・厚さに誤差がでるという欠点もあるので、計測対象をデッドストックにするかユースドにするかは一長一短かと思います。

 検証するジーンズのサイズを表にまとめると次のとおりになります。
モデルウエストレングス
(1)503BXX 1922年モデル後期型71cm73cm
(2)503BXX 1937年モデル68cm70cm
(3)501XX(503BXX?) 大戦モデル(その1)68cm69cm
(4)501XX(503BXX?) 大戦モデル(その2)73cm84.5cm
(5)503BXX 片面タブモデル(初期型)69cm80cm
(6)503BXX 片面タブモデル(後期型)66cm78cm
(7)504ZXX(ギャラ無紙パッチ)68cm71cm

 また、状態ですが、(6)片面タブは色が強く残っている(=生地の摩耗がまだ少ない)一方で、(2)1937年モデルは状態が悪く10%程度の色残りです。他は約30~60%程度の色残りと言えるかと思います。色残り(=生地の摩耗の度合い)も重さや厚さには影響することは付言しておきます。

2 重さの計測

(1)大戦モデルの測定

大戦モデルとそれ以外を比較する前に、(3)と(4)の大戦モデルの重量を測っておきたいと思います。

(3)大戦モデル(その1)


(4)大戦モデル(その2)

  (3)と(4)ではウエストで5cm(約7%)、レングスで11.5cm(約22%)の差がありますので、重量にも相当の差が出ると思われるところ、(3)は603g、(4)は675g、約12%の差となりました。脚よりも胴の部分の方がより生地を多く使っていることからすれば、レングスで約22%の差が重量だと約12%になっているということからして、(3)と(4)の2本の大戦モデルの間では、生地の重さには差はないと考えられます。

(2)戦前のモデルの測定

(1)1922年モデル(後期型)、(2)1937年モデルは、いずれも小さめのサイズなので、(3)の大戦モデルと比較してみることにします。

 (1)1922年モデル(後期型)と(3)大戦モデルのサイズの差は、ウエストで約4%、レングスで約5.5%で、(1)の方が若干大きくなります。(3)の大戦モデルの方が生地の重さ(オンス)が20%重いとすれば、理論的にはサイズの差を考慮しても20%近く重くなるはずです。
(1)1922年モデル
そこで、(1)を測ってみると618gと、(3)の大戦モデル(603g)とほぼ同じ(むしろ1922年モデルが2%重い)という結果が出てしまいました。サイズの差のほかバックルの有無という細かい要素を考慮したとしても、重さの点で両者の生地の間にはほとんど差がないと考えたほうが自然ではないかと思います。

 次の(2)の1937年モデルですが、(3)の大戦モデルと比べるとウエスト・レングスともサイズはほぼ同じと言っていいと思います。
 
(2)1937年モデル
  そこで(2)を測ったところ、重さは656gとなってしまい、(3)の大戦モデル(603g)よりも約9%重いという結果が出てしまいました。(2)はバックシンチが残っているほかリペアが施されている箇所が多くリペアの部材が影響していたかもしれませんが、少なくとも大戦モデルの方が高オンス(=より重い)生地が使われているという説からはかなり遠い結果になってしまったように思います。

(3)戦後のモデルの測定

次に、戦後のモデルを測定して、大戦モデルと比較したいと思います。

 (5)は戦後の比較的早い時期のものと思われる片面タブモデルで、レングスなどが長めであることから、(4)の大戦モデルと比較していきます。
 (5)と(4)のサイズの差はウエスト・レングスいずれも約5.5%程度(4)の大戦モデルの方が大きくなります。生地で20%の重さがあるとすれば20%以上の重さの差が出てくることになります。
(5)片面タブモデル(初期型)
  測定結果は640gで、(4)の大戦モデル(675g)と比べる約5.5%の差となり、ほぼサイズ差に一致する結果となりました。やはり、生地の重さに大きな違いがあるとは到底考えにくい結果です。

 (6)は、1950年台に入ってからと思われる片面タブモデルで、(4)の大戦モデルと比べると、ウエストで約10.5%、レングスで約8.5%の差があり、重さでは20%強の差が出ても良いはずです。
(6)片面タブモデル(後期型)
  重さは629gで、(4)の大戦モデルとの差は約7.5%と、やはりサイズの差程度の重量差しかありませんでした。片面タブの後期型と比べても、大戦モデルの生地が重いという結果は見えてきません。

 しつこいようですが、念のため1960年代に入ってからのギャラ無し紙バッチのものとも比べています。
(7)ギャラ無し紙パッチ
  サイズが(3)の大戦モデルとほぼ同じなので(3)と比べてみると、(7)は613g、(3)は603gと1%強の重量差しか出てきませんでした。

 次の表は、以上の測定結果をまとめたものです。


モデル重さウエストレングス
(1)503BXX 1922年モデル後期型618g71cm73cm
(2)503BXX 1937年モデル656g68cm70cm
(3)501XX(503BXX?) 大戦モデル(その1)603g68cm69cm
(4)501XX(503BXX?) 大戦モデル(その2)675g73cm84.5cm
(5)503BXX 片面タブモデル(初期型)640g69cm80cm
(6)503BXX 片面タブモデル(後期型)629g66cm78cm
(7)504ZXX(ギャラ無紙パッチ)613g68cm71cm

  デニムにおけるオンスすなわち1ヤード辺りの重さ(オンス)ということで重さを測ってみたのですが、ジーンズの状態の違いなどを考慮したとしても、「大戦モデルは他の時代のものに比べてヘビーオンスの生地が使われている」という説からはかなり遠い結果が出てしまったように思います(正直に言ってここまではっきりとした結果が出るとは意外でした。)。

 ただ、重さは同じでも厚さの感じ方は、結構異なってくるものです。次回は、大戦モデルと他の時代で生地の厚さに違いがあるのか、見ていきたいと思います。

2018年9月29日土曜日

リーバイス ーアーキュエイトステッチの変遷ー(その2)

 前回は、BIG E期までのアーキュエイトステッチの変遷を見ていきました。戦前の一本針のミシンで縫われたものと戦後に入り2本針のミシンで縫われたものとで異なるのはもちろん、2本針のミシンで縫われたものでも意外と変化が大きいことが分かりました。

 今回は、前回の続きとして66モデル以降の変遷を見ていきたいと思います。

7 1970年代半ば(66 前期モデル)

  1976年4月製の66前期モデルのバックポケットです。BIG Eでは、個体差があるものの、左右の弧が非対称であることが特徴だったのですが、66前期モデルでは左右の弧の幅や角度は対称に近くになっています。弧の深さはBIG Eに比べれば若干浅いという程度です。
 アーキュエイトステッチの色はオレンジ。ステッチのピッチ幅は2mm程度です。

8 1970年代終わり(66 後期モデル)

次は、66後期モデルで1978年2月製のもののバックポケットです。前の66前期モデルとは製造年で2年しか違いませんが、アーキュエイトステッチはずいぶんと角度が浅いものになっています。また、66前期と比べると若干ですが左右の弧のバラつきが目立っています。
 BIG Eや66前期と同じく、アーキュエイトステッチの色はオレンジで、ステッチのピッチ幅は2mm程度です。

9 1980年代はじめ (赤耳モデル)

赤耳モデル(1981年4月製)のバックポケットです。66後期モデルよりもアーキュエイトステッチは深くなり、66前期モデルのもののように戻っています。左右の弧のバランスは若干いびつになっています。
 ただ、個体差や縫製工場の違いの問題なのか、浅いアーキュエイトステッチのものも多く見るように思います。私が持っているもう一本の赤耳では、前の66後期モデルのような浅いアーキュエイトステッチになっています。写真のようなやや深めのアーキュエイトステッチは赤耳モデル固有のものとは考えにくいでしょう。
 アーキュエイトステッチの色はオレンジで、ステッチのピッチ幅は2mm程度という点は変わりません。

10 1980年代半ば (ハチマルモデル)


  写真は、1984年3月製の501のバックポケットです。アーキュエイトステッチは深めで前の赤耳モデルのものと似ているように見えますが、左右の弧のばらつきが更に大きくなっています。
 赤耳モデルと同じように個体差ないし縫製工場の差のせいか、ハチマルモデルでも浅いアーキュエイトステッチのものは多く見られ、1982年2月製のもの1982年11月製のものでは写真のものとはかなり印象が異なるものになります。
 アーキュエイトステッチの色やピッチ幅はこれまでと変わりません。

11 2000年代はじめ

 
2001年6月製のアメリカの自社工場製の最終期に当たるもののバックポケットです。アーキュエイトステッチの深さは、これまでと同じくやや深めですが、左右の弧の角度や幅がより均等なものになっています。
 アーキュエイトステッチはオレンジステッチ、ピッチ幅も約2mmとこれまでのものと変わりません。

12 2000年代終わり(日本企画08501)

2008年のリニューアルにより誕生した日本企画の501、08501のバックポケットです。
 ご覧のとおり、アーキュエイトステッチは、過去のヴィンテージリーバイスよりも角度があり、これまでで一番深いといえるものになっています。左右の幅は、測ったようにほぼ均等になっています。
 また、アーキュエイトステッチの色は、これまでのオレンジからイエローに変更されています。 この辺りは、ヴィンテージを意識したものと思われます。ピッチ幅は、これまでと変わりません。

13 2010年代半ば(日本企画501-1484)


2013年のリニューアルにより誕生した日本企画の501、501-1484のバックポケットです。
 2008年でかなり深くなったアーキュエイトステッチの角度は浅くなり、見慣れた感じのものに戻っています。左右の幅もきれいに均等になっています
 アーキュエイトステッチの色は、2008年モデルと同じイエロー。バックポケット以外にもトップボタン横のV字ステッチやバックポケット裏のシングルステッチなどヴィンテージを意識したディテールが取り入れられています。ピッチ幅は、これまでと変わりません。



 以上、前回から、リーバイスのアーキュエイトステッチの変遷を見ていったのですが、ヴィンテージ期にも、レギュラーや現行の時期にも、相当な変化があったことが分かります。特にヴィンテージ期のものは同じ時代でも個体差も大きいのですが、大体の傾向を知れば、ヴィンテージの製造時期の判別の一助になると思われます。また、現行のものの変遷からは、リーバイス(ジャパン)が501にどのような味付けをしていたのかを窺い知ることができるように思われます。